過去のブログ

2012年6月27日 水曜日

神戸旅行

DSC_1731.jpg
神戸へ行ってきました!

時間はたっぷりあったので、
新幹線ではなく近鉄特急を利用して大阪難波経由の移動にしました。

新幹線で行くより、とってもお得なのです!

難波では知人におすすめされた自由軒のカレーと
551蓬莱をハシゴし・・・神戸ではケーキを堪能♪
食べすぎです\(^o^)/

神戸は素敵な建造物が多いので、徒歩での移動も苦になりません。

三宮や元町周辺の雑貨屋さん&カフェをめぐったり、
異人館へ行ったり、ハーバーランドからの夜景を眺めたり。
とにかくたくさん歩きました!

そして、たくさん食べました(笑)

次は美味しい明石焼きを食べに、
もう少し先へ足をのばしてみようと思います♪

【書:山田】

投稿者 株式会社日本コスパ | 記事URL

2012年6月22日 金曜日

ツタンカーメン展in大阪

%E3%83%84%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%A1%E3%83%B3%E5%B1%95.jpg

大阪で開催されているツタンカーメン展に行ってきました!
平日で雨天だったせいか、思ったよりも混雑していませんでした。
土日はすごく混んでいるそうなので、平日に行って正解だったと思いますΣd(・ω・ ´)

それほど待たず中に入り、音声ガイドを借りて順番に見学していきました。
解説が少ないので音声ガイドを借りた方が良い!というクチコミを参考にしました が、やはり借りて良かったです。
音声ガイドが無ければ、何の展示品なのかさっぱり分かりません(。-ω-。)

美しい装飾品やファラオの生活品など、とても興味深い物ばかりでした。
ちなみに黄金のマスクは展示されていないので、あしからず…。
それでも黄金のカノポスやチュウヤの黄金の棺などは、一見の価値ありです!!
次は東京で開催されますので、気になる方は是非行ってみてください\(^o^)/

ツタンカーメン展をじっくり見学し、天保山マーケットプレースでお好み焼きを食 べ、海遊館をぐるぐる回りました。
その後は新世界へ行き、通天閣を横目に見つつ、串かつとビールを楽しみました(*・ ω・)o∀
とっても楽しかったですヽ(●´∀`)人(´∀`●)ノ

【書:松尾】

投稿者 株式会社日本コスパ | 記事URL

2012年6月 4日 月曜日

インド旅(後編)

2012052607030000.jpg
アグラは王様が愛する妻の為に作った世界で一番美しいと言われているお墓「タージ マハル」がある町です。
ずっと見たかったタージマハルは本当に美しく、感動で言葉が出ませんでした。
でもインド1番の観光地ということで、物売りの子供達に囲まれてお土産を買わさ れ、
写真を撮ってくれる親切な人と思いきや後で高額な料金を請求される・・
ガイドブックに載っていた「インド旅行で注意すること」にまんまとはまってしまい ました(笑)

初日こそ飛行機の遅れで不安だったインド5日の弾丸旅行も、
体調を崩すことなく、無事に名古屋に帰ってくることが出来ました(^○^)

インドは日本にいては絶対に体験出来ないことが日常茶飯事です。
ノラ犬がいるのは当たり前ですが牛も至る所にいます。
車道でもどうどうと牛が歩き、車が牛の横断待ちをします。ノラ猿もいます。
停電も1日に何回もあり、懐中電灯は必需品です。
屋根も無い骨組みだけで走る車や、車の上に人を乗せて走る車・・
見るもの全てが刺激的で異世界に行ったような旅行でした。

私個人の感想としては、人生に一度はインド旅行をオススメします(^O^)/
【書:福元】

投稿者 株式会社日本コスパ | 記事URL

2012年6月 1日 金曜日

インド旅(前編)

%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89.jpg

かねてから念願だったインドへ行ってきました!

ただ、旅開始早々にインドの洗礼を受けることになってしまいました(>_<)
中部から香港で乗継をしてデリーというルートなのですが、
中部発も香港発も飛行機の不具合で3時間遅れ。
約1日かけてデリーに到着したのは深夜2時・・インドへの道のりは大変遠いのもの でした(--〆)

ほとんど寝ていない状況の中、インド1日目はガンジス河があるベナレスへ向かいま す。
外は40℃以上の猛暑、しかも移動車はエアコンが故障中・・またまたインドの洗礼 です。

デリーからベナレスまでは飛行機で1時間。
ガンジス河では毎夜「プジャ」と呼ばれる祈りの儀式が行われており、数千もの人が お祈りに来ます。
プジャは音楽や電飾を使った華やかな儀式ですが、その数百m先では、
火葬場があり薪で死体を焼いており色々なことを考えさせられました。

2日目はガンジス河からの朝日を見る為に朝4時起きです。
沐浴までは勇気なく出来ませんでしたが、膝下まではガンジス河に入りました!!
みんなに病気になると脅されましたが、思った以上に水は透明でサラサラしていて気持ちよかったです。
写真は朝のガンジス河での風景です。

ガンジス河でパワーをもらったベナレスをあとに、飛行機でまたデリーへ戻り、
今度は車5時間かけてアグラという町に向けて出発です! つづく・・

【書:福元】

投稿者 株式会社日本コスパ | 記事URL