おすすめ地域情報

2016年10月30日 日曜日

岐阜県多治見市 のご紹介

夏に最高気温で有名になりました、夏はsun暑い多治見市sunです

maple虎渓山 永保寺
  お庭がとても素敵なお寺です。
  これからの季節、紅葉を鑑賞しにお出かけしてみては
  いかがでしょうか?
  11月下旬には樹齢約700年の大銀杏をはじめとする
  紅葉が見事で魅了します。
  また、水面に浮かぶ逆さ紅葉も素敵ですsign03
  毎年3月15日には収蔵してある貴重な文化財や史料の
  一般公開が行われます。
  国宝観音堂内や境内を使ったheart04禅式結婚式heart04
  行っています。
  記念に残る特別な式を挙げることが出来ます。
  
  お庭の鑑賞の料金は無料ですが、事前に
  入山許可を申請が必要です。
  申請書は永保寺HPからダウンロードしてくださいね。
  雲水の修行の場のため、マナーを守り見学してください。

maple神言会 多治見修道院

  日本で唯一、wineワインを醸造する修道院です。

 1930年(昭和5年)に、ドイツのモール神父により、
 日本の修道士の養成を目的に建てられた修道院で、
 中世ヨーロッパを思わせる外観、
 ステンドガラスや壁画が美しい大聖堂、
 緑溢れる庭が一般公開されていますnotes
 また、敷地内に広がる畑で育てられている葡萄は、地下室で
 醸造された後にshine修道院ワインshineとなります。
 設立当時からミサで使うために葡萄栽培をしていて、
 多治見産のワインとして広く親しまれていますhappy01
 ワインは売店で買い求めることもでき、
 11月3日はshine多治見ワインフェスタshineも開催しています。
 現在も神学生が修練している院内では、心地よい緊張感が
 漂い、訪れる人の心を静かに癒してくれますhappy01

maple池田町屋郷土資料館

かつて池田町は、土岐市―多治見―勝川(愛知県)―名古屋を
通る下街道の、美濃南端の宿場町でした。
旅籠や茶屋などが並び、江戸や信州からの伊勢参り客で賑わい
ましたが、明治33年に鉄道(中央線)が開通し、衰退しました。
地域の歴史を後世に残すため、民家を資料館に改築して、
収集された郷土の民具や歴史資料を展示して紹介しています。

ぜひ、一度遊びにお出かけくださいね。

{書: H・K}

投稿者 株式会社日本コスパ

カレンダー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31