おすすめ地域情報

2016年4月20日 水曜日

沖縄県本部町のご紹介


沖縄県本部町のご紹介

pisces海洋博公園pisces

海洋博公園は、昭和50年に沖縄で開催された沖縄国際海洋博覧会を記念して、設置された国営公園です。
沖縄美ら海水族館やイルカショー、プラネタリウムなど沖縄で人気の観光スポットです。

penguin美ら海水族館
那覇市から車で約2時間、沖縄本島北部・本部(もとぶ)半島に位置する沖縄美ら海水族館。
沖縄の海の世界を再現した水族館では、熱帯魚から深海魚まで幅広い南国の魚が紹介されています。
中でも沖縄美ら海水族館の目玉ともいえるのが「黒潮の海」水量7500立方メートルもある巨大水槽。

ジンベイザメやマンタが悠々と泳ぐ水槽は迫力満点。何時間見ても飽きません。
水槽の隣にはレストランもあり、巨大水槽を見ながら食事もできます。

penguinオキちゃん劇場・イルカラグーン
水族館に隣接するオキちゃん劇場では青い海をバックに海洋博公園のアイドル、イルカのオキちゃんとその仲間たちが楽しいショーを繰り広げます。
イルカラグーンではイルカを間近に見る事ができ、餌付け体験やふれあい体験ができます。

bud熱帯ドリームセンター
熱帯ドリームセンターには、常時2,000株以上のランを展示している3つの温室があり訪れる人を別世界へといざないます。
ランのほか温室には、熱帯・亜熱帯の花々が咲き、トロピカルフルーツが実っています。

waveエメラルドビーチ
沖縄美ら海水族館の近くに位置するY字型に突き出した「遊びの浜」「憩いの浜」「眺めの浜」3区に分されたコーラルサンドの美しいビーチです。
言葉に出来ないほどの色彩を放つ鮮烈なエメラルドグリーンとコバルトブルーの大海原。エメラルドビーチは沖縄でもめずらしい礁湖(ラグーン)内にあるビーチで、
水質は"AA(もっとも良い)"と認められ、平成13年に「水浴場八十八選」、平成18年には「快水浴場百選」に認定されています。
エメラルドビーチの砂浜は安全性や快適性、自然保護に配慮して維持管理に努めています。

サラサラの真っ白な砂は、小さい子どもにも大人気。遊泳期間外でもビーチには家族連れでにぎわっていました。

【書:Y.M】


投稿者 株式会社日本コスパ

カレンダー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31